6月 9日晴れ 第2段階7時限目
第2段階7時限目の教習項目
17.教習効果の確認(みきわめ)

 この時間大型、普通を合わせて二輪教習はひとり。最後の最後に二輪コース独占で思いっきり集中して練習できる。ラッキー。

 まずふたつある検定コースをそれぞれ走ってみた。大体覚えた。

 その後、検定に向けて苦手なところを集中的にやって良いということになった。
 やはり問題はタイム設定セクションの指定タイムのクリアと急制動。
 急制動を練習したが、リアロック、フロントロック、速度不足、停止線超えと散々。それでも停止線遥か手前で止まれたりもする。
 もっとすばやく指定速度の40km/hにして、軽くエンブレが効いてるぐらいから指定位置よりちょっと早めにブレーキを掛けてみよう。これは町中で練習しにくいからなぁ。検定では上手くできることを祈ろうっと。

 スラローム、一本橋、波状路のタイム設定セクションを、コースも時計も一人占めで使って練習していた。
 スラロームは自分の限界より遅くで大丈夫だった。それでも6秒で走れる。クリアタイムは7秒以内。これはOK。
 一本橋が、普通に走って8秒中盤。粘っても9秒台。思いっきり粘って10秒を超えた。「とにかく落ちないように8秒台でも良いよ。」と教官は言う。「技術という意味では確かにゆっくりでも走れるようにならないと行けないが、実際の道路では危険なら足を着いて回りを確認する、とかするんだから。」ということらしい。ほんとに大事なのは「絶対的な技術」より「安全に走行できる技術」だそうだ。
 本当の気持ちは12秒ぐらいで行きたいけど、目先の1秒より合格と安全かな。
 波状路もタイムが出ない。5秒以上のところを4秒ちょっと。速すぎ。
 コース内で1回クラッチを切ってしまえば0.5秒ぐらいは稼げる。と教わり、3回切ってみたら6秒を超えた。これで大丈夫。2回連続で6秒を超えたので安心かな。

 最後に検定コースを走って終わり。

判定結果 ○ → 第2段階終了
アトノマツリ  うーーーん。もう教習終わり。もっと練習したい気がするけど、これで検定を受けられるレベルまで来たということなのだろうから、これで良いのだろうけど。
 さてと、次はいよいよ卒業検定。一日飛んで明後日になった。
 天気予報が雨といっているのが気になる。今度ばかりはほんとに雨だろう。
 結局ここまで雨中走行なしで来てしまった。ああ天気だけが心配。
 あれっ、走りについては?
 まぁいつもどおりで大丈夫でしょ。急制動以外は。

 帰りに卒業検定の申し込みをした。

Next → 卒業検定

今回の費用 7575円 今回の転倒 0回
これまでの合計 92100円 これまでの転倒 5回

取得までの道のり 第1段階 1時限目 第2段階 1時限目 卒業検定
電話で問い合わせ 第1段階 2時限目 第2段階 2時限目 試験場への申請
申し込み 第1段階 3時限目 第2段階 3時限目 掛かった費用
入学説明会 第1段階 4時限目 第2段階 4時限目
第1段階 5時限目 第2段階 5時限目 リンク
第2段階 6時限目 メール
第2段階 7時限目