6月 4日曇り 第1段階5時限目
第1段階5時限目の教習項目
16.教習効果の確認(みきわめ)

 第1段階のみきわめ。前回のコースを走る。
 更にこの時間では小型、中型、大型と乗り比べる事が出来た。←車種はCB125T、CB400SF、CB750がベースの教習車仕様。
 小型は本当にエンジンパワーがなく、頻繁なギアチェンジが必要。1速や2速もトルクがないので低速が難しい。但し、スラロームなんかでは良く言えばハンドルだけで幾らでも修正できる。悪く言うと小手先で誤魔化せてしまう。
 中型になるとパワー的には問題ない。低速トルクもあるし。ただこれも大型に比べればという条件付きだが、小手先で誤魔化せる。
 大型になると腰から下での体重移動が重要だし身体全身で操作するという意識がとても重要だと思う。←ポジション、特にステップ位置は大型が一番楽だった。やっぱり足が長いのかねぇ。

 まだまだスラロームでバイクが寝てない。教習の後半には自分でここまでやったらやり過ぎだろうというつもりぐらいまでやったら、それぐらいやって良いみたい。あとは細かなアクセルワークの習得。

判定結果 ○ → 第1段階終了
アトノマツリ 自分で腹が立つぐらい下手だなと思う。今まで漠然と乗っていた事が悔やまれる。
もっと腰でグリグリ曲がってやるぅと誓いながら家路に着いた。
これで次回からは第2段階に進む。課題以外にもニーグリップやら爪先やらが注意しなければならない。

次の予約は明日。
天気予報はくもり。毎日、2時間乗ったあとは本当にフラフラ。事故なく帰るのが大変。

Next → 第2段階 1時限目

今回の費用 0円 今回の転倒 0回
これまでの合計 84525円 これまでの転倒 0回

取得までの道のり 第1段階 1時限目 第2段階 1時限目 卒業検定
電話で問い合わせ 第1段階 2時限目 第2段階 2時限目 試験場への申請
申し込み 第1段階 3時限目 第2段階 3時限目 掛かった費用
入学説明会 第1段階 4時限目 第2段階 4時限目
第1段階 5時限目 第2段階 5時限目 リンク
第2段階 6時限目 メール
第2段階 7時限目