99年のトレンド?


 人のことは言えないけれど、今年は大勢の人が持ってましたという3冊の本を紹介しときます。


1.ツーリングマップル(昭文社)
 これはまぁツーリングライダーなら必携のものですから、当然といえば当然か。
 恐らく北海道ツーリングライダーの90%以上が持ってたんでないでしょうか。日本1周の途中で北海道に来ているといった人の中には地図すら持たないという人もいるようですが。
 また、”○○が良かった。”という情報を聞いたとします。するとこのツーリングマップルを取り出して、”○ページの右上”とかいうふうに教えあったりするんです。
 必携ですね。それもなるべく新しいもの。大体毎年4月に新判がでるようです。確かめて買ってください。
 ちなみに、ツーリングマップルのスタッフに会ったとか写真を撮ってもらったという話もちらほら聞きました。あなたにも誌面登場のチャンスが・・・。


2.OUTRIDER北海道’99〜’00(ミリオン出版)
 綺麗な写真が大きく、沢山掲載されていて眺めているだけでワクワクさせてくれる。特に壮大な景色は自分がそこに訪れた時に感動の度合いを増大させる。
 さすがにOUTRIDERの編集だけあって、すばらしい道もたっぷり掲載。走って、見て、ツーリングってエエやんと言わせてくれる。
 が、それよりも食べ物の写真がGOOD。美味そうで美味そうで、”絶対食ってやる指数”がドンドン上昇。こらアカンわ。ひとり食いしん坊万歳やん。
 北海道上陸前にタップリ見ておくのが正解かな。気持ちを高ぶらせてください。あとは旅の途中では就寝前に「明日どこ行こう」と悩む時にも強い味方。ただ唯一の欠点はサイズ。でかすぎて、小さなタンクバッグには入らない。それだけ。


3.ジパングツーリング(アポロ出版)
 99年8月号には”ホッカイドー格安&0円スポット400”という情報ページが掲載されていたが、これが実に有用。特にキャンパーの人達にはキャンプ場が色々と掲載されているのでエエやろうね。北海道のキャンプ場は綺麗で広くて便利が良いのに無料のところが多い。良いです。
 情報量と綺麗なまとめ方は評価大です。でも持ってる人はちょっと少な目だったかな。