8月10日 晴れ

 最後の日の朝は晴れていた。雨で始まった北海道も終わりは晴れていた。
 問題が発生。ここまで快調だったバイクに異変が。といってもテールランプが切れているだけ。走行には支障がない。でも夜間が心配。明日は舞鶴に着いてから大阪までは夕方から夜に掛けての時間帯になるで何とか考えんとアカンかも。
 予定通りの時刻にホテルを出た。札幌市内はそれほど混んではいなかったが、小樽市に入った辺りで工事渋滞が起こっていた。すり抜けをするにも幅がない。回り道も全くないR5なのでどうしようもない。でもこんなことも考えて余裕があるように7時に出発したんだから大丈夫。車の列に従って走り、渋滞を抜けてからはペースアップした。
 小樽港が近づき見覚えのある建物が見え始めた。8時前にはターミナル前に到着。手前にあるコンビニに寄って船内で食べる食料と飲み物を買うことにした。ところが店内はかなり混雑。みんなフェリーに乗る人のようで弁当を中心に品切ればかり。こちらは初めからインスタントラーメンを買うつもりだったのでなんとか買えた。ついでに毎月買っている「日経クリック」の9月号も売っていたので買っておいた。これで船内でも安心。
 帰りの船は2等寝台を取っておいたのでゆっくり乗船しても必ずベッドが確保されているので、8時半ギリギリにバイクの列に並んだ。既に前方には50台ほど並んでいる。すぐに乗船が始まった。最後の北海道の地を走り、そしてフェリーへの乗船口へ。
 バイクの停め方にも工夫が欲しいかも。我々トレールバイクは車高が高い。そして結構ハンドルが切れる。するとハンドルロックをしてサイドスタンドで停めると思ったよりバイクは傾く。結果、隣のバイクとの隙間が非常に狭く、荷物の載せ降ろしも大変気を使う。アメリカンなんかは逆に低い車高だが、長いサイドスタンドでトレールバイクと同じように大きく傾く。フェリー会社さん、もうちょっと1台あたりの幅を広く取って欲しいかも。
 フェリー内のフロントで部屋とベッド番号が指定される。荷物を置いて着替えてからデッキに出てみた。小樽の港が見えている。出港まではまだ1時間ほどある。朝食を摂りながら過ごしていると船がゆっくりと動き出した。午前10時定刻通り出港。
 明日17時の舞鶴港への到着に向けて日本海を行く。