伊賀旅


西名阪、名阪国道
まずは西名阪で天理へ、そこから名阪国道へと進む。
平日の朝なのでトラックが圧倒的に多い。平均速度域も60〜80km/hってとこで、久しぶりのライディングにはリ
ハビリとして丁度よかったかな。
80km/hで流していると、ちょっと寒いぐらい。Tシャツの上に薄手のジャケット1枚なので仕方ないかな。

ちょうど渋滞で疲れかけてきたところで大内IC到着。一旦休憩することに。この時点で時刻が午前8時。当初予
定では、友生ICで降りて「ウェルサンピア伊賀」に行く予定やった
けど、10時オープンなのに9時には着いてしまう勢いなので、ルート変更。
関ICまで行って、伊勢自動車道に沿って県道○号線を南下、R23から津市に入ったあたりでR163の伊賀街道で西
に向かい上野市に戻ってくるルートにした。

関ICまでは順調に流れ、午前8時40分に名阪関ドライブインに到着。
名阪関ドライブインではうどんが美味しくて、度々食するんやけれども、今回はタイミングが悪いのでスルーし
ます。
初めて自分以外のライダーを発見。どうもご夫婦のようで、年の頃なら30代中盤。お二人とも250CCの4ストツア
ラーというかレプリカというか、車種を忘れてしまったがCBRだかZZRだかに乗られてました。
リアシートにたっぷりとツーリングバッグを括りつけていたので、これからどこかに行かれるんでしょう。お気
をつけて。


三重県内
さて名阪関ドライブインを出発して、いきなり津市になったのでビックリ。平成の市町村合併で2006年1月1日で
津市がめっちゃ広くなったらしい。
県道○号線を南下し始めたところで、雨がポツポツとし始めてきた。一応レインウェアも持ってきているんで、
まぁエエかと思いつつ走っていると、大して降らずにやんでしまった。良かった良かった。
快適とは言い難いけれども、まぁまぁ流れているのでノンビリと走り、R23(のバイパス)に乗っかり、R163上
野の案内に沿って針路変更していく。
旧津市の中心部から少し郊外に来たこのあたりはガンガン開発中なようだ。でっかい道路がどーんと通って行く
んやろうなぁ。
R163との交差点から西へ進路を変え、山を正面に目指して走る。曇ってはいるが雨は降っていない。山間に入る
とちょっと心配だが、気にしてもいられないし。

市街地をすぐに抜け、いかにも谷間の川沿いを抜ける街道という雰囲気になってきた。
しばらく走って分かったが、多分以前に通ったことあるね、ココ。途中で記憶に残っている交差点があったし…
。今回は知らない道を行くのが目的ないので、問題なし。

峠越え付近では中々快適なワインディングで、ペース的には安全運転やったけど、楽しく走れた。
お陰で第2候補にしていた○○温泉を思いっきり通過してしまった。また今度、機会があれば来るかな。(来な
いな、多分)
その後も順調に走り、R25名阪国道の案内もチラホラと見え出す。適当なところで地図を確認しようと思ってた
ら、名阪国道の中瀬ICに到着。近くのコンビニで給水しながら地図を見てると、なんと既に行き過ぎていた。


伊賀
元来た道を少し戻って、予定のルートを進む。農業高校とかがあったり、広い公園があったりとのんびりムード
が漂う中、目的地のウェルサンピア伊賀の温泉「芭蕉の湯」に到着。




なんだか、周りには公共施設っぽいのが色々と建っている。
3セクっぽいんやけど、一応温泉みたいやし良いかな。(あとでHPを見ると、厚生年金事業振興団とかいうとこ
ろがやってるみたい…)
大人は750円。ちょっと高いな。
男湯と女湯は日替わりらしく、和洋の風呂らしいけど今日の男湯は和風。普通でしたわ。湯はヌルっと感があっ
て、スベ肌になるんかな?
さすがに平日の午前中で、オープンから30分しか立っていないので、客はおじいちゃんばっかり。それも、4人
ぐらい。なのでまぁまぁ広々と入れそう。
サウナと水風呂と打たせ湯は除いて湯船は3つ。普通のと、寝湯と露天。寝湯は心なしかカルキ臭かったような
気がした。説明文によると消毒のために、循環時に何か薬品を入れてるらしい。ついでにちょっと沸かして湯温
を上げてるそうな。でも水を足したりはしてないらしいよ。
露天が一番湯温が低かったけど長く入るには良かったよ。幸い天気は雲の隙間から青空も見えてたしね。

ゆっくり入っていたつもりが30分も経ってなかった。
さて風呂から上がって、2階の食堂へ行くことにした。11時開店ということで、3分ほど待ってると館内放送で開
店をアナウンス。いそいそと2階へ上がるとまさに開店したて。
食堂のおばちゃんに「まだ開いてませんか?」と訊ねたら大丈夫とのこと。でも食券の自販機が停まっていたの
で、再確認したら先に注文を聞いておいてくれるっていうので、「うな丼定食」(680円)を頼んでおいた。
すぐに自販機が動き出したので、改めて食券を買っておばちゃんに渡す。
5分ほど待ったところで、呼び出しがかかり「うな丼定食」(680円)を取りに行く。セルフサービスなんでね。
さて「うな丼定食」(680円)。写真載っけておきますが、なかなか安いです。



丼には鰻が3切れ、これに豚汁、酢の物、小鉢、漬物がついての680円は安い。
味も悪くなかったし、豚汁も具沢山やし、安いわ。
風呂が750円とちょっと高かったけど、これで相殺かな。食堂のメニューはどれも比較的低価格。丼物は単品だ
と500円ぐらいから。


家路に着く
ゆっくりと食して、外に出るとなんだか暑くなってきていた。ちょうどお昼の12時。これから家路に着こうかね

名阪国道の布生ICから大阪方面へ走り、途中工事渋滞がありながらも針テラスに到着
。針テラスは以前に車で旅行中に立ち寄るはずだったのが、時間の関係で通過してしまったところ。完成以来、
まだ一度も入ったことがなくて楽しみにしてた。
道の駅のでっかい版で、温泉まである「日本一の規模を誇る道の駅」らしいです。
今日はすでに温泉に入ったので、トイレ休憩と水分補給のみ。温泉はまた次回に。

ここでやっと何台かのバイクを見ることができた。
ヤマハのビラーゴ(1400cc)が先に停まっていて、そこに自分のTMAXが並び、トイレから帰ってくるとハーレー
とBMWのアメリカンが追加。BMWのは珍しい!初めて見た。(後で調べたけど多分R1200Cだと思う。)
でも自分の以外はアメリカンばっかり3台。なぜ?平日はアメリカンがお似合いなの?
しかも全部大型。自分のTMAXが最小排気量の500cc。直線だと他の3台のほうが圧倒的に速いんやろうなぁ。

そんな針テラスを後にして名阪国道に戻る。
天理IC手前ぐらいでガソリン残量が最後の1目盛りになったので、天理ICで降り、R24から帰ることにした。
R24でガソリン補給をして、快適に第2阪奈道路を帰ろうと予定していたのに、ダラダラと走っていたら、第2阪
奈道路の入り口まで来てしまった。
一瞬迷ったけど、残量を考えると普通のペースで走れば十分帰れる距離なので、第2阪奈道路はゆっくりペース

途中にある、長い長い「阪奈トンネル」(全長5.6km)内では、「ここで停まるなぁ!」と心で呟き、ヒヤヒヤ
の思いをしながら走行。
何とか西石切ランプまで辿り着き、降りたところですぐに給油。それでもまだ1リッター程残ってたので、もう15km
ぐらいは走れたかな。(ウソ。そんなギリギリまで走りたくない。)

そこからは自宅へブイブイっと高回転維持で帰りました。
やっぱりTMAXは5000回転以上は回さないと楽しくないね。